SHAW NOTE

曇りのち晴れ

* Photo; East River, New York Merry Christmas! 連休のはじめに具吸っていた天気も晴れやかになりましたね! すてきな週末を過ごされましたか? と、思いきや、今日も株価に関する経済のニュースがありました。 今日のセルフ引用は 2009年 1月 31日のボクのブログです。 こうしてみると、、、過去に学ぶことは多くありそうですが、なかなか上手くいかないものですね。 ↓ 昨日から降っていた雨があがり、すこし 気持ちのいい午後になっていますね。 経済の状況が日に日に悪化している、と 各種の情報ソースが伝えています。 なんだか、ちょっと持って回った言い方をさせて いただいたは、僕らは『実感』と言うことにこの十数年、 もしかするともう少し長いこと、無頓着になりすぎて いないか、と言うことに危惧を抱いています。 ほんの少し前まで、一般の報道ではボクたちの生活は 岩戸景気以来の好景気の中にある、と「教えられて」いました。 そんな実感、まるでない。そんな風に「感じ」ながらも そういうものか、と日々を送っているうちに、この状態です。 確かに、こと経済に関しては『市場はカジノ化してしまった』と アメリカのお偉い経済評論家がおっしゃったように、 僕らの実感とは遠いところにある“システム”によって運営される ようになってしまったようです。 毎日の誠実な積み重ねが、明日の小さな幸せに直結しなくなってしまって いることが現実であることは、残念ながら今回『実感』すること になってしまいました。 ただ、そのタイド(潮流)を加速

Branding と 広告、どう違うのか?

* Photo; New York 広告とブランディングって、どう違うんですか?という質問をいただきました。 実際、ボクの生業ってなんですか?と聞かれた時に「ブランディングをやってるんですよ」と言うと 1.8秒ぐらいの間ののちに「ああ、広告とか、、、?」と言われること、多いです。 もちろん広告もつくりますが、マーケティングの広告は最近はつくらないです。 と言うと???という顔をされます。 そうですよね。 ブランディングのコミュニケーションは、「ブランドがもつふわっとした概念を、目に見える形に定着する」のに対して、マーケティングの広告は「買ってもらうために、お客さんに知ってもらいたい情報をできるだけインパクトのあるアイディアでもって遠くに飛ばす」ことが(多くの場合)求められます。 どっちがいい悪いでは当然なくて、ボクにとっては、ブランディングのコミュニケーションの方が圧倒的に興味深い、と言うだけの話なんです。 この「概念を定着させる」という仕事、とても意義もありますが、扱う主体が概念、ですからなかなか大変です。 これが、他の商品に比べてこれだけ優れています、安いです、といった数値的な実証や比較対象があれば切り口が見つかりやすいのですが、なかなかそうもいかない。 本質を掴むのも大変です。でも、一度掴んで、しっかりと定着させることができれば、長持ちします。 先月行ったNew York で、こんなディスプレイを見つけました。ヴェルヴェットアンダーグラウンドは、アンディウォーホールが関与した、1970年代に活躍したバンドですが、いまだに何かしらの意味=概念を持ってNew York の街に

センスは競うものなのか、な?という話

*Photo; Madison Square, NY ブランディングの仕事をしていると、「感性」や「センス」が 話題になることがままあります。 「お客のセンスは、わしらには超えられへん壁なんや」という 著名なクリエイティブディレクターの言葉もありましたが、=、=; クリエイティブに関わる人間にとっては、なかなかに大きなテーマです。 ブランディングのコアとなる「伝えたい価値」を 言葉やデザインに落とし込むには、 データや事実で伝えられるものから、ある種の「ジャンプ」が 必要になります。 プロポーズの言葉だって、「私は身長2メートルです」と 「いつも、あなたを守る大木になります」では、伝わり方、ちがい ますよね? *いや、プロポーズの言葉としてはどうか、という議論はまた、 にしてもらえるとうれしいです =、=; では、ジャンプから生まれた言葉やデザインが「正しいのか」、という 判断は、もちろん出来るだけ理論的に、ぎりぎりの接点まで地続きで 相互理解をするようにするのですが、最後は、えい!と行かねばなりません。 「デザインに正解はある」という方もいるのは、わからないではないですが、 新しい財布を買うのに、黄色もいいな、でも落ち着いた濃紺もいい。 と例えば自分の体験に照らし合わせると「正解はありますから」というのは 却って乱暴すぎる気もしませんか? だって、そこは「人」が選ぶものですから。 「正解」が本当にあるのなら、デザインももはやAI の仕事です。 さて、そこで重要な役割を果たすのが「感性」や「センス」。 10年ほど前に、経済産業省の仕事で「感性プロジェクト」なる 日本の感性をもっ

ニューヨークの生命力

*Photo; 5th Ave., New York ニューヨークに行くたびに、そのパワーに元気をもらいます。 なんなんでしょうね? あのパワーというか熱量は? ハワイやリゾート地のあっけらかんとしたパワーとも違うし、 アジアの混沌としたパワーともまた違う。 一人一人の表情をみていても、深刻そうだったり 寂しそうだったりする人も多い。 もしかすると、異質なものが混ぜ合わされたところから 生まれる熱量のようなものかもしれません。 同調と反発 郷愁と疎外感 共感と反感 あらゆる反語から生まれるパワーがあるように思います。 メルティングポットといわれるような、ここに暮らす人たちの それぞれのバックグラウンドのぶつかり合いが 熱を生んでいるのかもしれません。 でも、互いに無関心だったらこんな熱は生まれない。 自分とは異なる存在を、しっかりと認めるからこそ生まれる 生命感なのだ。 そう考えると、傍を急ぎ足で通り過ぎる人々が それぞれのストーリーを熱く語り始めるような 錯覚にとらわれました。

MoMA for Free

*Photo; MoMA, NY さて、ニューヨーク! 今年はロックフェラーセンターのクリスマスツリー 点灯式の翌日の訪問になりました。 数年前の訪問の時には、何も知らずに点灯式に 出くわし、数十フィート(アメリカ、ですので)先で マライヤ・キャリーやボーイズ・トゥ・メンが 歌を歌ってる!という幸運に恵まれました。 その時には、あまりの人だかりに「なにかあるの?」と警備の警官に 話しかけて「点灯式だぜ!」と呆れられたのも 懐かしい思い出です。。。とはは。 さて、撮影が早めに済んだので、MoMAに行ってきました。 ご存知の方も多いと思いますが、 金曜日の夕方には 無料で入館ができます。 当然、すごい人! スポンサー企業がついて、その企業のマークが入った 入場券が配られるわけです。 当然、企業のブランディングにも寄与します。 今回はユニクロさんがスポンサーでした。 なんだか、やっぱりそこはかとなく嬉しいです。 ピカソ、ミロ、シャガール、ルノアールにゴッホ。 みんな無料で、しかも、目の前数インチ(アメリカ、ですので)の 距離で素で見られるんです。 さすがに、今日の写真のゴッホのThe Sarry Night の前には専門の 警備員がいますが、美術の教科書に載っている作品が ガラスに遮られることもなく見られるって、 かなりすごい体験です。 芸術に対する素地って、こういう日常の仕掛けから うまれるんだなあ、ってつくづく思います。 アメリカは映画の入場料も安いですものね。 かと言って、学校でいっせいにやる芸術鑑賞会は ボクも苦手でした。。。 それよりも、外で野球やったり缶けりやった方がいい

ABOUT

クリエイティブ・ディレクター石澤昭彦のブログ

​以前のブログはこちら

​このブログの記事、写真等の無断での転載はご遠慮ください。転載、引用などのご相談は、CONTACTへ。

​メッセージはCONTACTからお願いします。

Recent Posts
Category
Archive