SHAW NOTE

MoMA for Free 再び

* Photo, MoMA, New York ニューヨークに来ています。ぴちっ!とした冷たい空気が頬を叩いてくれるのが、こそばゆいような、単純にさむいな!というか。。。いずれにしろ、心躍ります。わはは。 今回の滞在も金曜日にかかる日程になったので、MoMAのFree Night (無料開放)に行ってきました。昨年に続いてスポンサーはユニクロさんです。アートへの開かれた道筋と、それを楽しむ国民性をいつもうらやましいと感じるのですが、それをスポンサードし続けているユニクロさんの存在も、ブランディングの観点で見てみると、これからの時代のブランディングへのとるべきアティチュードの示唆となります。 前回のブログでも書きましたが、信念からうまれる「社会に関わろうとする行動」は、ブランドの価値をより深めてくれます。 さて、今のニューヨークですが、トランプタワーの前では反トランプのデモがあり、MoMAでも写真のスローガンが様々な言語であちらこちらの壁にペイントされていました。最近のニューヨークでは日本語の表記を公共の場所で見ることが、以前に比べて大分少なくなって寂しいのですが(JFKのイミグレーションコーナーのディスプレイにも日本語はもうないですね)、これは日本語もありました。 信念を持つ。それを主張する。一方で他人の主張に耳を傾ける。分かり合う努力をする。すくなくとも、自分の主張をわかってもらうための努力をする。こんな人としての基本は、ブランディングにもそのまま当てはまります。 できれば、こうした一連をポジティブにやりたいですよね。ボクが泊まっているホテルには、サンクスギビングのパレードに

ちょっとしたBrand 予報を。

*Photo; Dubrovnik デジタル化による情報の液状化、というより気化にも近い均一化と、人々の価値観がなにかしらの方向性をもってコントロールされようとする今日この頃、世界はどんどんフラット化しています。 そんな世界にあっては、つよい Brand の存在はより希少なものになっていくと感じています。いろいろな意味で「差別化」が難しくなっているからです。 そうした中にあって、これからは『自信を持って、自らの主張を表す』『社会課題に対して行動を起こす』 Brand が、人々のより強い共感を獲得する、つよい Brand になっていきます。 特に大切なのは「行動」。古くはメセナ(!)からCSR、今で言うと SDGsが”旬な行動の指針”ですが、そうした括りに沿うことではない、自らのうちから出る行動こそが価値を持って受け入れられます。 まあ、スポーツでも音楽でも、鑑賞するのも楽しいですが、やはりプレーしてなんぼですからね! 写真はクロアチアのドブロブニク。アドリア海を静かに進む漁船です。とても眩しく輝いていました。

資産価値とBrandの価値

* Photo; Armani Silos, Milano 先日、資産価値の大きさとBrand の価値評価には大きな隔たりがある、ということが新聞の記事になっていました。今や多くの巨大企業を抱える中国ですが、いわゆる Brand 価値ランキング上位に上がってくる企業はとても限られたもの(記事の中では、ほぼない、という書き方でしたが)、というものです。 記事では、Brand にまつわるストーリーがBrandの価値を醸成するのだ、というまとめ方になっていました。ボクもその見立てに異論はありません。 ただ、この話をそのまま、他国の話、ということで済ませてしまうにはもったいない、と思うのです。 Brand とはなにか? 視点を少し変えて考えてみると、それは家族や友人、恋人など大切な人に例えられる、というのがボクの長年の考えです。つまり、かけがいのないもの。替えのきかない存在、です。 価格戦略、広告の量、話題性。これらは、一過的に売り上げや注目、あるいは好意度の醸成に役立つものかもしれませんが、それと、Brand として顧客から「替えのきかない存在」になる、とはまた別のことです。 ところで、、、最近 Brand あるいは Branding という言葉の価値も下がっていますよね。Branding という言葉を使っておけばちょっと毛色が変わった売り上げ施策に見える、という感じで使われることが多くなっています。ブランドマンション、なんて言うのも、気持ちはわかるけど意味がよくわからんです。とはは。。。少々、皮肉なものです。

ABOUT

クリエイティブ・ディレクター石澤昭彦のブログ

​以前のブログはこちら

​このブログの記事、写真等の無断での転載はご遠慮ください。転載、引用などのご相談は、CONTACTへ。

​メッセージはCONTACTからお願いします。

Recent Posts
Category
Archive