• shaw ishizawa

Brand からの贈りもの


*Photo; Milano, Armani Silos

Brand と呼ばれる存在になることは、「売れつづけるためのしくみ作り」だと思っています。それは、顧客に対して魅力的になることですが、もうひとつ、忘れてはいけない Brand からの贈りものがあります。

それは、従業員のみなさんにPride &Joy、つまり、Brand を形作る一員であることのプライドと喜びを与えてくれることです。

Branding の仕事をして20年以上になりますが(我ながら、、、随分と長くやってますね…)、近年、ますますこの意義が大切になってきていると感じます。しっかりとした、芯から強いBrand は、ひとりひとりのマインドに強くはたきかけ、不正や権威の私物化などを防いでくれるのです。

自社(Brand)のロゴマークが入ったTシャツやマグカップを、自分のお金を払ってでも買いたい、と思えるようになったか。

シンプルですがボクがBranding の仕事をお手伝いする際のひとつのベンチマークです。

写真はArmani のアーカイブから、です。Armani のショーに出演するモデルの表情が、いつもとても好きです。

今日のブログの最後になりますが;

今回の台風で被害に遭われた地域、みなさんに心からお見舞い申し上げます。

地球環境の変化が目に見えて大きくなってきています。真剣に取り組むべき時が来ていると感じています。

#クリエイティブディレクター #クリエイティブディレクション #branding #ddd #ブランディング #石澤昭彦