SHAW BOOK

LOGOとは何かを、ちょっと考えてみよう

January 23, 2019

 *Photo;Milano, Italy

 

先日のブログでブランディングの仕事スコープの広さについてちょっと書いたのですが、今日は、ある意味ど真ん中の、みなさんが「ブランディング」というと真っ先に思い浮かぶ(であろう)ロゴについて書きますね。

 

ブランディングにおいて、日本では一般的に「ロゴマーク」と言われることが多いですが、正確にはロゴはいわゆる「文字」であり、マークは、たとえばナイキのシュッとしたあの形(スウォッシュと呼ばれています)、つまり、図形的なものであり、別のものです。

 

さて、今日はブランドを表現するロゴ、つまり文字について話をします。

 

もちろん、単なる文字ではありません。ブランドの価値を表現する文字であるので、個性がある必要があります。つまり、ブランドの個性をどう表すか、が勝負です。とはいえ、開発の段階になると、「かっこいい」とか「洗練されている」「めだつ」などがデザインの上で優先順位が高くなることが多いです。

それらは大変重要なのですが、やはりそれ以上に大切なのは「そのブランドは何なのか?」ができるだけ早いスピードで分かった方がいいです。もちろん、結構難しい。著名なデザイナーですら「ブランドのロゴやマークでできることは目立つこと。それ以上を求めるのは難しい」とおっしゃってもいます。ふむ。

 

ボクはこの難問の解決のヒントはストリートにあると思っています。ストリートといっても、いわゆる街。普通の街です。

 

写真はミラノで撮った写真ですが、日本人からすると、海外の文字だなあ、とすぐわかる形。気張ってはいないけれど、嘘はつかないような安心感。そして、なんだか感じる人肌のようなあたたかさ。ブルーと白のペンキの色も、それらのイメージを後押しします。この看板と文字にはこれだけの情報が詰め込まれています。

 

クライアントさんとロゴやマークを開発するとき、ちょっと息を深く吸って街をながめる、自分の生活に目をこらすことがとても大切だと思っています。素敵なデザインのヒントは、プロが作り出すものだけではなく、生活の中で必然に生まれたものの中にあります。つまり、誰もがデザイナー。

 

シンプルですが、僕らのような仕事するものが忘れてはいけない大切なことです。

 

 

Please reload

ABOUT

クリエイティブ・ディレクター石澤昭彦のブログ

​以前のブログはこちら

​このブログの記事、写真等の無断での転送はご遠慮ください。転載、引用などのご相談は、CONTACTへ。

​メッセージはCONTACTからお願いします。

Recent Posts
Please reload

Category
Please reload

Archive
Please reload