SHAW BOOK

ReBranding とは、新しい「らしさ」を身につける

June 22, 2019

 *Photo; MoMA, New York

 

リ・ブランディングと呼ばれる仕事があります。かつて調子が良かったのに、最近どうも、、、という感じのブランドを活性化させる仕事です。新たなブランドを立ち上げることとは違って、できるだけ元々あるよさを引き出しながら活性化の道を探ります。老舗のファッションブランドのデザイナーに就任した人がまずはそのメゾンのアーカイブをしっかりと把握するのと同じように、ボクもそのブランドの歴史、DNAをしっかりと吸収することから始めます。

 

そこから新しいブランドの方向性を導き出すのですが、実施に移行する時に難しいのが、社員の皆さんの「手グセ」をどう剥がしていくか、という作業です。どうしても「これまでこのやり方でやってきたのだから」という手グセからできるだけ離れたくないわけです。そのやり方でやってしまっていたからこそ今、御社のブランドはかつての輝きがなくってしまっているのですよ、と説明しても、頭でわかっても体がついてこない。

 

やはりそこでも重要になるのが未来図、つまりビジョンです。極端な事例ですと、それぞれのキーパーソンにはその人にあった説明の仕方、提示の仕方で方向性を共有していく作業が必要になります。

 

Please reload

ABOUT

クリエイティブ・ディレクター石澤昭彦のブログ

​以前のブログはこちら

​このブログの記事、写真等の無断での転送はご遠慮ください。転載、引用などのご相談は、CONTACTへ。

​メッセージはCONTACTからお願いします。

Recent Posts
Please reload

Category
Please reload

Archive
Please reload