SHAW BOOK

よい Vision の条件とは

August 15, 2019

 *Photo; Paris

 

これまで Vision を持つことの大切さをたびたび書いてきました。今日は、よいVision の立て方について書きますね。

 

Vision つくりの段階でたびたびクライアントさんの一部から出てくる議論のひとつが、「それは他社でも言えることだから、うちの Vision とは言えないのではないか」というものです。Vision にも差別化がないといけない、という考え方ですね。マーケティングの勉強を一生懸命にやってきた方が、よくこうした観念にはまってしまいます。

 

差別化はできていたほうがいいにはいいですが、Vision そのものは「うちでないと言えない」必然はありません。きっぱり、ありません。

 

むしろ、Vision 達成のための道筋にBrandとしての個性が出ることの方が重要なのです。

 

「うちでしか言えないこと」よりも「(他社でも言えるかもしれないけど)うちしか言わないこと」。これは強い、です。

 

そうして生まれたよいVisionは、しっかりと機能してくれます。

 

Please reload

ABOUT

クリエイティブ・ディレクター石澤昭彦のブログ

​以前のブログはこちら

​このブログの記事、写真等の無断での転送はご遠慮ください。転載、引用などのご相談は、CONTACTへ。

​メッセージはCONTACTからお願いします。

Recent Posts
Please reload

Category
Please reload

Archive
Please reload